研究職から選んだドラッグストアの薬剤師求人

研究に没頭、、、調剤薬局勤務は無理かな、、、

薬剤師 求人 ドラッグストア : 人気のある臨床薬剤師は求人の選択肢も多い?

研究に没頭、、、調剤薬局勤務は無理かな、、、博士だからと言ってマイナスにならないドラッグストアもある!

薬剤師免許を取得したのは仕事に困ったときのことを考えたからでした。
もともと研究者志望で薬剤師の教育を受けながらも、人一倍研究室での研究活動に時間を費やしてきました。
国家試験の勉強に皆が集中していた期間も研究室に入り浸りになり、危うく合格できないかとも思いましたが無事取得には成功しました。
その後、修士課程と博士課程を経て博士号も取得し、研究者として大学で働こうとしていたのですが、話に聞いていた以上に狭き門だったのが事実です。
なんとかポスドクとして雇ってもらえる大学を見つけることができましたが、任期は一年で毎年更新しなければならず、最長で三年しかいられませんでした。
そして、その間に大きな結果を出すことができず、次のポストを見つけられなくて無職になってしまったのです。
本当に薬剤師免許を利用するときが来てしまうとは思っていませんでしたが、研究職を続けるのは難しいとわかったので薬剤師として働く道をこの段階で選びました。
このときに真っ先に選んだのがドラッグストアです。
求人が比較的多いことに加えて、研究職に就こうとしていたことから調剤のスキルがそれほど高くなく、経験も実習以来全くないという状況で調剤薬局で雇ってもらうのは無理だろうと考えました。
ドラッグストアの場合には調剤受付をするために必要だからという理由で薬剤師を抱えているものの、実際には他の商品の販売に携わることが多いと聞いていたため、きっと研究職からでも採用してもらえると考えたのです。
しかし、その仕事だけなら資格のない人でもできるのは明らかであり、求人はあっても採用されず、結局は20近くに応募してようやく採用してもらうことができました。
博士課程にまで進んでいたので、薬剤師としての教育を受けてからかれこれ10年も空いてしまっていたのはマイナス面だったでしょう。