研究職から選んだドラッグストアの薬剤師求人

博士だからと言ってマイナスにならないドラッグストアもある!

その間にアルバイトであってモ少し調剤経験を積んでいれば違ったかもしれませんが、やはり経験なしというのがネックになって採用してもらえなかったのではないかと感じています。
面接の質疑応答でもその周辺のことを聞かれる場合が多く、研究職を辞めた理由と並んで対策が必要な点でした。
正直に調剤の仕事が少なそうだからだとはさすがに言えなかったので、販促に興味があることや、経営に携わっていきたい意志を伝えてうまく切り抜けたのが実際です。
どうしても研究職としての興味とドラッグストアの仕事をつなげるのは難しかったので、研究職で苦労してきた資金獲得や医薬品から離れてしまって本来の職能が役立てられなかったことなどを列挙して研究職を辞めたことにし、新たな決意としてドラッグストアを志望していると告げざるを得ませんでした。
その筋道を立てて説明するのが難しかったのが採用されるまでに時間がかかった理由の一つでしょう。
諦めの気持ちが半分で研究職からドラッグストアの求人を探しましたが、結果的には選び方は正解だったと言えます。
求人の数が多くてそれぞれに特色があるので、合う合わないの問題で最終的には採用してもらうことができました。
調剤の即戦力を求めているところから採用してもらえなかったのは事実ですが、もともと処方箋枚数がほぼ0の場所からは良い顔をしてもらえたのです。
博士を取得しているとマイナスに見られるという噂もありましたが、特にそのような印象も受けませんでした。
行き場がないから求人に片端から応募しているのも実情だったので、博士だからというプライドなどとうに捨てていたのも成功に結びついた理由でしょう。
研究職で失敗したときの予防線として資格を取得しておいたのも正解でしたが、ドラッグストアを選んだのもまた正解だったのです。

研究に没頭、、、調剤薬局勤務は無理かな、、、博士だからと言ってマイナスにならないドラッグストアもある!